恋文

好きだったあの顔も その声も全部

きっと僕だけのものだと思っていたんだ

素っ気無かったな 悟りきったように

目の前の僕を遠ざけ今日が終わる

 

いつもの改札を抜け 君の居る町を後にした

何もなかったこの場所に 快速電車は過ぎ去る

 

手紙の封を開けて 少し君の香りがした

もう戻らない帰らない 愛しき日々よ

過ぎ去る町を背に最後のありがとうを

 

引き出しに眠る恋は想いを綴った3年間

一時の夢も破れずに未練がましい君よ何処へ

 

恋人と呼ばれる中 幾度のドラマが待ち受けて

もう戻らない帰らない紡いだ花よ

君が立っているはずの此処に風が吹いた

 

手紙の封を開けて 少し君の香りがした

もう戻らない帰らない 愛しき日々よ

過ぎ去る町を背に最後の

もうあの町に行く事なく結婚でもしているのだろうか

哀しくもない喜びも愛しき日々よ

伝えたかった恋の終わりにありがとうを

© 2018 by TRUE HAPPINESS All Rights Reserved.