ロックンロール

空気の様に水の様に時間が過ぎてゆく

溜まった洗濯物にため息を吐いては

明日に回しておいた仕事頑張れば今日に片付く

こうして人生のチャンスを逃がしてゆくんだな

 

歩いた足跡すでに消えた 奇妙なモンスター立ち向かえるかな?

 

瞬きする間に何か消えそうで 僕は必死で手を伸ばした

過去の自分に倒されないように もっと夢を話そう

 

ロックスターに憧れて歌を歌ってみたんだ

ほんの少しだけ自分が強くなった気がした

気付いたら何もなかった事に気付いたんだよ

長い長い夜明けまで魔法を使おう

 

ガラクタだらけの愛と希望 君のために叫ぶ追い風の声

 

僕のフォームで前を向きたい誰かが全てを否定しても

指の先まで魔法じゃなくて 本当の自分の意思で

 

光を見つめながらこんな僕でも

行くべき道があるんだ 心拍数と歩幅を重ねて

 

瞬きする間に何か消えそうで僕は必死で手を伸ばした

過去の自分に倒されないように もっと夢を話そう

僕のフォームで前を向きたい誰かが全てを否定しても

指の先まで魔法じゃなくて 本当の自分の意思で

© 2018 by TRUE HAPPINESS All Rights Reserved.