​アスファルトに咲く花

どっちでも良い事ばかり気にしては藻搔いた

右に行けと言うから気にもせず向かった

 

濡れた髪のまま君に会いに行こう

恐れたもの一つずつ取り払ってさ

時間が時に洗い流すのだろう

泣いて、笑って、迷わず素直に歩き出そう

 

風が教えてくれた行き先はその向こう

今日という日を1歩、明日という日に1歩

未来のために泣いたり笑ったり

 

欲しがったない物を身につけはまた失くした

失くして気づいたけれどそれはそれで身にはなった

 

長い冬を越え嵐の中歩いた道を信じてやってきたから

くじけそうな日が訪れたら

きっと、君を、感じてもう一度闘うよ

アスファルトに咲く花よ空に届け

日々感じる事の中、人に触れた事で

少しづつだけど変わってきた気がする

花に水をやって強く咲き誇るだろう

誰かが見つけるだろう、君も見ているんだろう

でもいつかは枯れてしまうけど

どっちでも良い事ばかり気にしては藻搔いていた

右に行けと言うから気にもせず向かっていた

 

胸の中にある脆く蒼きものよ

決められたルールの中わかっているフリをしていた

足元はきっと険しい道なんだろうけど

靴紐が緩んで躓いて擦りキズを追って

どっちでも良い事や右に向かった意味も

今になれば答えは持っている

愛、希望、夢を全て解き放て

回る世界の中で回る時計の中で

君と僕もこうして生きるよ

ツダユウキOfficial Site

© 2018 by TRUE HAPPINESS All Rights Reserved.