鮮やかな朝

夜が恐いから連絡するよ

そうやって慰めあって過ごした日々

こんな世界に溶けていくよ

昨夜観た映画僕らを映している様で

共に暮らした日々思い出したよ

 

待ち合わせに遅れ怒った表情も

絡まった恋永遠だと信じていた

 

朝になると君を思い出した

窓から差す光が締め付けた

約束した12月の空

目が覚めても君はいない

 

季節が歩いて僕は今

また違う誰かに寂しさ見せて

自分が小さく思えて

逃げるかのように投げ出し朝になり

気持ちがまとまらないまま

その隙間を埋められてしまう

 

夢見がちな少年に花を添えて

澄んだ空見上げて君を描いてみました

 

始まりがあれば終わりがあるなんて

歪んだ恋の行方胸の中

抱き寄せながら話した愛の詩

何気ない事が鮮やかだな

 

同じ空の下で君は何を思い

誰を愛すのだろう

薄れゆく想い出

僕は忘れそうになるよ

 

朝になると君を思い出した

窓から差す光が締め付けた

果たせなかった初雪の空

目が覚めても君はいない

もう少し眠ろうかな

Folk&Rock / Singer-songwriter

TSUDA YUKI